文具

モンブランのPIX油性ボールペンを恋人へプレゼントするのは良い選択

PIXを彼氏にプレゼントしようと考えたあなたは流石です。

ジェットストリーム替芯で日常使いは可能だし、デザインはボールペンに理想的な逆円錐形です。(マイスターシュテュックは上司と被る危険あるし、スターウォーカーは誰もが使う人気軸で面白みがない)

PIXはカラーも豊富で、彼氏と色違いを自分用に購入して揃えるという手もあります。

ちなみにオススメ記事を書くのは、数年前になりますが、こんな相談があったからです。

“男性の筆記具の最高峰はモンブラン!と思い込みでがあって、後から「万年筆はモンブラン、ボールペンはクロス」を見かけてちょっとあせってしまいました。筆記具専門サイトで色々調べた上で、価格や印象を総合してネーム入りで注文したのですが、皆さまに質問させて下さい。”

  • モンブランのボールペンは、30半ばの彼へのプレゼントとしてはどんなものでしょう?
  • また、ジェネレーションシリーズというのは、モンブランの中でいかがでしょう?(使いやすそうでお値段も比較的安価なので選びました)

ジェネレーションは既に廃盤となって入手できないので、今回は後継シリーズのPIXシリーズで回答してみたいと思います。

結論から言うと、「男女に限らず恋人へプレゼントするには大変良い選択」です。

30半ばであれば、モンブランは良い選択!

30歳の半ばのビジネスマンであれば、モンブランは良い選択です。特にPIXシリーズという点は高く評価できます。

文具ライターの小日向京さんも、PIXシリーズを高く評価しています。

モンブランというと、長年の電灯と実績があるマイスターシュテュックや、若者向けに人間工学を意識してデザインしたスターウォーカーが定番です。

しかしこちらの記事で紹介したように、スターウォーカーは使い手を選びます。

【顛末記】メモ魔には太軸で重い高級ボールペンは似合わないと分かるまでこんにちは。一度で構わないから「君には涙は似合わない」と、クサイ台詞を言うことに憧れる四葉静です。 ところで今回は、Amazonプ...

一方でマイスターシュテュックはベスト・バランスな筆記具なのですが、見た目がパッとしません。最も多くの人々に受け入れられる形状/重量なので、どこのメーカーの筆記具も似たような感じになってしまうのです。

おまけにマイスターシュテュックは所有者が多いので、「上司の “勝負ボールペン” とお揃い」といった事態も起こり得ます。

そういう意味では、PIXやジェネレーションは周囲に気兼ねすることなく使うことが出来ます。

おまけにPIXやジェネレーションならば、モンブランのホワイトスターが悪目立ちすることがありません。万一気になっても、黒ビニルテープなどでカバーしてしまえば良いのです。

(マイスターシュテュックも黒マニキュアでホワイトスターを見えないように細工することが可能ですが、見えるように戻す場合には手間がかかります)

そしてモンブランの象徴であるホワイトスターを隠したとしても、ご相談のボールペンは「ネーム入り」なのが良いです。私は破格値になるという事情もあって “ネーム入り中古品コレクター” ですが、それでも「自分の筆記具!」というイメージを持てて大変に満足しています。

したがって個人的には “ネーム” を入れるのは、強いオススメだったりします。

(湘南ベース流儀だと、気に入らなかったらネーム部分を油性黒マジックでネームを塗り潰してしまいます。それだけで1年は大丈夫です。もしネームを再度復活させたければ、中性洗剤を付けた歯ブラシで擦れば簡単に落ちます)

PIX/ジェネレーションは実用度が高い

私も若い頃のことですが、ジェネレーションが廃盤になるということで叩き売りに出された時期があり、冒頭画像の緑軸をゲットしました。かなり長い期間にわたり、私のYシャツの胸ポケットに収まっていました。

ちなみに細軸であることから分かるように、重量が19gと軽いです。マイスターシュテュックが23gで、スターウォーカーが28gです。だから使い勝手が良いだけでなく、胸ポケットへの収まりも良いのです。

その一方でPIXはモンブランの標準的な “ジャイアントリフィール(替え芯)” を採用しており、書き心地も折り紙付きです。芯の太さをF(Fine:細目)で選択すれば、ノートへのメモ取り用に使うことも可能です。

このような実用度の高さのため、つい先日のことですが、楽天で叩き売りされていたネーム入り格安中古品(ブラック&シルバー)を購入してしまいました。

そして今では赤インクの替え芯(リフィル)を入れて、赤ペン先生用として使っています。緑軸にはグリーンの替え芯です。

(本当は赤(レッド)に合うようにPIXの赤色軸(ジェネレーションだとボルドー色)も欲しいところですが、さすがに完全に趣味となってしまうので我慢しています)

ジェットストリームとの組み合わせは最高

実はもう一本だけ細軸が欲しいのには、一応それなりの大義名分(言い訳)もあります。

この細軸のPIXシリーズと三菱ジェットストリーム(低粘度インク)の組み合わせだと、何時間でもモレスキンのノートでメモを取り続けることが出来るのです!

もちろんマイスターシュテュックでも同じことが可能ですが、マイスターシュテュックには緑軸が存在しません。

私の場合、黒、赤、緑の三色が必要なんですよ。

ちなみに三菱ジェットストリーム替え芯(リフィル)には、いろいろなモンブラン装着方法があります。その中で最もお手軽なのは、4C芯用の替え芯アダプターを利用することです。

(ただしジェットストリームだとペン先と替え芯の隙間(遊び)が大きくなるので、セロテープの切れ端を巻き付けたり、透明マニキュアを塗った方が快適に利用できます)

なおトコトンまで改造をやってしまう湘南ベース流だと、棒状のダイヤモンドヤスリで本体軸(ボディ)の先端を拡張してしまうとか、替え芯(リフィル)側を削ってしまうような技もあります。

そうすると、パーカー芯(G2芯)のジェットストリーム替え芯(リフィル)も利用できるようになります。4C芯よりは、このG2芯の方がインクフローは若干良いように感じています。パーカー芯はタンク式ですから、当然と言えば当然でしょうか。

なおプラスチック芯の場合ですが、ジェネレーションであれば下記画像のように、くるくると紙を丸めて替え芯(リフィル)を自作してしまうことも可能です。

初プレゼントはジャブが良い

ちょっと話がわき道に逸れてしまいました。

さて彼氏(彼女)への初めてのプレゼントですが、最初からマイスターシュテュックのようなものを選んでしまうと、「次のプレゼント」で困ってしまいます。

そういう意味でも、日常使い用という形でプレゼントできるモンブランのPIX油性ボールペンは、オジサンから見ると「見事なセンスだなあ」と感嘆します。(安い買い物ではないけれども、最上級でもない)

あと、PIXシリーズはカラフルな本体軸(ボディ)が揃っているので、彼女へのプレゼントとしても悪くないです。例えばグリーン軸など、もう一度購入したいと思う程です。

そういえば私は奥さまと結婚する時の約束がありまして、それが「毎年海外旅行へ連れて行くこと」でした。今では子供の育児でそれどころではありませんが、最初の3年間はカナダ、ハワイ、モルディブと旅行しました。

果たしてこの海外旅行の旅費は、モンブランのマイスターシュテュック何本に相当するでしょうか?

そう考えると、いつ再び「約束を果たして!」と言われるかをビクビクして過ごしている今日この頃です。

まとめ(めでたく一件落着)

さてこの相談は数年前のことでした。その時の結論からいうと「彼氏が大変に喜んでくれて良かった」とのことでした。

前述のようにPIXシリーズやジェネレーションは、いろいろなシチュエーションで、いろいろな使い方が出来ます。

人気があるせいなのか、ネーム入り中古品(つまり破格値商品)が市場に登場することが無いのが、大変に残念だったりします。

さしずめクロスのアベンチュラがビジネス向けボールペン入門者向けだとすると、PIXシリーズは「中級者向け」といったところでしょうか。

それでは、また。